シャンプー

AGAとは、男性型脱毛症といっておもに男性ホルモンや遺伝なのによって脱毛が引き起こされる症状になります。
この症状には多くの男性の方が悩んでいます。
具体的な治療方法も確立されており、薬による治療がおもになります。
AGA薬としては、プロペシアとミノキシジルが有名です。
プロペシアは1998年頃に開発された薬で、日本でも数年前から販売されるようになっています。
この薬の効果は、脱毛の進行を止める効果があります。
そのため、今ある髪を現状維持させることができます。
そして、ミノキシジルですが、これは発毛させる効果があります。
プロペシアとミノキシジルを両方同時に服用することによって、脱毛阻止と発毛促進の効果で、髪を残しながら増やすことができます。
入手方法ですが、医師の処方箋が必要となります。
頭皮だと皮膚科ですが、皮膚科でも取り扱っていない医院もあります。
最近では、頭髪専門のクリニックもありますので、ここで処方してもらえます。

生え際への治療薬の効果

AGAには、ミノキシジルとプロペシアという治療薬があります。
さらに、頭髪専門のクリニックではこれらの内服薬以外にも頭皮につける外用薬、そして髪の成長には亜鉛とビタミンCが必要とされますので、この成分の入った栄養剤も処方してもらえます。
また、頭皮環境を整えることも重要ですので、頭髪専門クリニックではスカルプ系のシャンプーも格安で販売してくれるクリニックもあります。
これらを服用することで、早い人で1ヶ月程度で効果があらわれてきます。
毎月1回の通院で平均で半年程度通院します。
半年後にその後もまた治療を続けるか効果があったのでやめるかを医師と相談して決めていきます。
たしかに、発毛効果は得られますが生え際にはあまり効果がないとされています。
頭頂部であれば、薬の効果があらわれやすいのですが、生えてほしいところに生えてくれにくいのが難点でもあります。
ただし、まったく効果があわられないわけではなく、生え際に効果もある人はいるということです。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930